2020年東京オリンピックの組織委員会と東京都関係問題。

東京都の知事(小池都知事)は、都民を味方にしながら努力しております。オリンピック組織委員会の力不足と管理不足と指導者の傲慢な態度で、基本的な資産管理計画もお粗末な数字を出す(東京の事務方)もやる気があるのか?国民からするとあまりにもお粗末な進め方と計画性である。マスコミが、連日放送しているが各局の調査に力不足を感じます。
新聞も同様、何故、ここまで意識の低下と意欲を低下している。人材力の低下である。都内の内部組織も縦割り業務と縄張り感覚で、各情報を共有して、行うこの出来ない人達と責任者の不在組織を露呈した事件です。ここに、切り込む小池都知事は、相当な覚悟と意志で、現在の改革と競技会場の件で、奮闘しております。そこに、影の力を感じる国民は、都議会議員の改革意識無し、議員の不在になる。報酬の減額に等しい能力である。これを許しては、都民へ疑問を突き付けられる。今回、4社会議を開催していく中で、決めて行くことになりましたが、組織の基本的な形態を付けれない組織委員会に大きな責任が、ありますし、資金は東京都(がぎりなく資金を出し)が、全て限度あり、責任の不在が明確でない点は、あえてしている状況で、税金を使う権利がないと判断できます。ここは、見逃しべきでない。管理人のお世話になってるサイト⇒http://xn--dckc5fza1fyb7ac0etk1910g.biz/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です