古すぎる私のノートパソコンに見かねた夫がメモリを増設する

私の夫はエンジニアの仕事をしているためか、自宅にはいろんな摩訶不思議な工具を持っています。自分では一体どんなふうに使うのか分かりませんが、パソコンを自作していたり、スピーカーを組み立てたり、ノートパソコンを分解したり、いろんな機械を扱っています。
そんな夫は、いつも機械音痴の私を助けてくれるのですが、今日も1つ助けてもらいまいた。それは、ノートパソコンのメモリを増設することです。かれこれ5年前に購入した私のノートパソコンは、とても処理速度が遅く、インターネットのページを開くにも待ち時間が生じていました。
夫にそのノートパソコンの古さを指摘されるまで、自分ではそれが普通のことだと思っていて、特に支障を感じている訳でもなかったため、そのままにしていました。しかし、夫にとっては、もっと性能の良くしたくなったらしく、ノートパソコンを買い変えずにできる方法を考えてくれました。その方法とは、メモリを増設する方法でした。
当然ながら、メモリが一体何なのか、一体どうやって増設できるのか、自分では理解できずにいました。そんなことも彼は承知の上で、そのノートパソコンに合うメモリを購入し、彼がメモリを増設してくれました。
そして、私は、メモリを増設した恩恵を何もせずに受けることになってしまいました。エンジニアの夫を持つと、こんな特典がついてくるとは結婚前には分からないことでした。彼としては、機械を触ること自体が純粋に好きみたいで、何の苦もなく作業していることが、ありがたいことです。
彼にここまでしてもらったことに対して、何もお返ししないわけにもいかないと思い、考えついたことが、彼の好みの夕食を作るということでした。その日は、彼の好きなマヨネーズをたっぷり使ったサラダを作ってあげました。すると、彼は満面の笑みで食べてくれていました。メモリを増設することとは違って、手軽すぎるお返しに多少引け目を感じましたが、美味しそうに食べてくれる彼の表情をみると、作った甲斐があったと感じられて、とても嬉しくなりました。よく読まれてるサイト⇒viage ナイトブラ 効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です